【体験談】2週間の入院で費用はいくらかかるのか?

2週間 入院 費用 お金の小話
この記事は約4分で読めます。

先月、夫が2週間ほど入院しました。急に入院したので、病気のことも分からず、費用もいくらかかるのか分からず、不安でした。

今回は実際に入院費がいくらだったのか、どんな保険制度が使えるのかを紹介します!

知っておくと費用面だけでも不安が減らせると思います。

スポンサーリンク

2週間の入院でかかった費用

かかった費用はざっくり12万円
健康保険組合と民間保険からの給付金のおかげで

最終的な自己負担は-45,000円の見込みです!

入院費の明細

退院時に医療費+病院食代の10万円強を支払い、2-3か月後に健康保険や民間保険から給付金として16万円がもらえる流れです。

入院費用の明細

費用項目一覧

・医療費
・病院食 食事代
・テレビ、冷蔵庫の使用料
・身の回りの物(飲み物、箸、着替えなど)

・交通費

医療費

総額(10割)なら83万円、3割負担なら25万円ほど

今回の入院では総額(10割)負担なら83万円でした。3割負担なら25万円ほどになります。(検査、入院料、投薬など、手術はなし)

高額医療費制度で自己負担額8万円強まで減額

高額医療費制度の対象となればさらに負担額は減額します。

年齢や年収にもよりますが、平均年収の会社員の方なら医療費は月額8万円強となります。

70歳未満・標準報酬月額28万円~50万円の方

自己負担額:80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
例)総額(10割)100万円 なら 自己負担額:87,430円

高額医療費制度の対象となりそうな場合は限度額適用認定証を提出しておくと、自己負担額までの支払いで済みます。

うちの場合はあらかじめ限度額適用認定証を提出しておいたため、退院時の支払いは自己負担額までとなり、86,000円ほどの支払いとなりました。

限度額適用認定証を提出しなかった場合は、一時的に自己負担額以上の額を支払うことになります。(3割負担額など)この場合は後から申請をすることで払い戻されます。

参考リンク医療費が高額になりそうなとき(限度額適用認定)

うちの場合は会社の保険組合に書類を提出して、限度額認定証を発行してもらったので退院時は8万円強の支払いで済みました!

健康保険組合から付加給付で自己負担額25,000円に!

これは加入している保険組合にもよりますが、付加給付での払い戻しがあります。

夫の会社では自己負担額が25,000円になるように、健康保険組合から2-3か月後に払い戻しがあります。ちなみに私の会社では30,000円でした。

申請は不要で自動的に払い戻しされるところが多いようですが、確認してみるといいかもしれません。

民間保険から10万円ほど支給!

民間の医療保険に加入していたので、入院日数×日額分の保険金が支給される予定です。1日1万円弱×2週間で10万円ほどの支給になりそうです。

(もらえるのは嬉しいですが、過剰な保険だったかなとも思っています)

病院食 食事代

入院中の食事代は1食460円の自己負担となります。2週間なら19,320円です。家の場合は2週間弱なので14,000円ほどでした。

参考リンク:入院中の食事代はいくら?

テレビ、冷蔵庫の使用料

病院にもよると思いますが、1日300円ほどかかりました。2週間弱で4,000円ほどでした。

身の回りの物(飲み物、箸、着替えなど)

入院中の身の回りの物を揃えるのに11,000円ほどかかりました。購入したものは飲み物、使い捨ての箸やスプーン、ドライヤーなどです。

入院着とタオルはレンタルしていたので費用がかさんでいます。

コロナ対策で面会もできず、荷物受け渡しのみだったので

手間を考えて少し高いけど入院着とタオルはレンタルにしました。

交通費

荷物の受け渡しに病院に行くための交通費が少しかかりました。5,000円ほどでした。

入院することになったら確認しておいた方がよいこと

今回、うちで利用することになったものは3つです!

高額医療費制度

平均年収の会社員の方なら医療費は月額8万円強となります。
自分が加入している健康保険組合の限度額適用認定証の発行申請方法を知っておくとよいかもしれません。貸付制度などもあるようです。

参考リンク:医療費が高額になりそうなとき(限度額適用認定)

健康保険組合の付加給付など

上記と合わせて、健康保険組合での付加給付があるかどうかを知っておくと安心できます。

加入しているなら民間保険の給付金

民間保険に加入している人は保険の範囲を確認しましょう。

とりあえず保険証券だけでも保管場所を把握しておくと安心です!

医療費って思ったよりかからない!

今回思ったこととしては医療費ってあまりかからないのだと思いました。入院期間が2週間で月を跨がなかったこともあり、8万円強で済みました。

(高額医療費制度は月計算なので、同じ入院期間でも月を跨ぐと額が変わります)

これからも通院でお金はかかりますが、今回の入院でそこまで費用がかからないことが分かったので費用面は不安がなくなりました。

日本の社会保障って手厚い!

ポチッと応援してね♪
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
.

お金の小話
スポンサーリンク
お財布ひよこをフォローする
お財布ひよこの資産運用帳
タイトルとURLをコピーしました