【特定口座】アセット・アロケーションを考える

アセット・アロケーションを考える_特定口座 インデックス投資
この記事は約5分で読めます。

今回はアセット・アロケーションを考えます。投資の芯となる重要な考え方です。どう考えていったのか、今回も過程を載せていきますので参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

つみたてNISAのアセット・アロケーションについて

つみたてNISAと特定口座でアセット・アロケーションは別に考えています。

用語説明

アセット・アロケーションって?ポートフォリオって何?

アセット・アロケーションとは?
アセットは「資産」、アロケーションは「配分」という意味。株・債券・不動産などの資産にどのくらいの配分で投資するかを決めること。自分の経済状況に合わせてリスク・リターンを考えて決める。

ポートフォリオとは?
具体的な金融商品の組み合わせ。アセット・アロケーションは考え方、ポートフォリオは具体的な中身といった感じ。

投資のリスクとリターンは資産配分で決まる

投資のリスクとリターンは資産配分(アセット・アロケーション)で決まります。もっと言うと、投資先でリスクとリターンが決まります。

複数の資産を組み合わせることでリスクとリターンを上げたり下げたりすることができます。得られるリターンが大きいほどマイナスになるリスクも高くなります。

こんなに損が出ている……!

投資で失敗しないためには資産配分を自分の状況に合わせることが重要です!まずは資産配分を決めてから金融商品(投資信託など)を選びましょう!

資産配分(アセット・アロケーション)の決め方

今回は現在の保有資産をベースにリスク・リターンを確認後、「myINDEX」で割合を試行錯誤してアセット・アロケーションを決めていきます!

投資初心者の方は5段階のリスク別にアセット・アロケーションを提示してくれる、マネックス証券のMONEX VISION(資産分析)が簡単でおすすめです!他の証券口座を持っている方でもサブ口座におすすめですよ!

\\ 高機能ツールが魅力的 //

現在のポートフォリオから見つめ直す

まずは持っている資産を分類します。※高配当株投資は別で考えたく、除いています。

ファンド名 日本株 先進国株 日本債券 先進国債券
iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)       100%
バンガード S&P 500 ETF(VOO)   100%    
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)   100%    
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 100%      

資産ごとの具体的な保有額と割合はこんな感じです。

Plugin by tarovlog.com
  日本株 先進国株 日本債券 先進国債券
保有額 24,522 469,252 60,928
保有割合 4.5% 84.5% 11%

ここまで出来たら「myINDEX」に入力します。過去データからリスク・リターンが分かります!高機能なのに無料登録のみで使えるのでおすすめです!

インデックス投資のことなら 『myINDEX』 マイインデックス
個人投資家のためのインデックス投資専門サイトです。 インデックスファンド、ETF、世界の株価指数を網羅。 ~インデックス投資のことなら、まずこのサイトへ!

「myINDEX」では「大暴落! あの時のリターンは?」を見るのをおすすめします!どのくらいまで暴落する可能性があるのかを確認しておくと、投資しすぎることがなくて安心です♪

理想のアセット・アロケーション

現在のポートフォリオと自分の現状を照らし合わせてアセット・アロケーションを考えていきます。

私の現状

・年齢:20代
・投資経験:4年
・家族構成:夫婦2人、子供なし
・投資資金:用途なし資金、長期運用
・非課税期間なし:数年で売却したくなるかも
・現在のポートフォリオは最大で資産半分のリスクあり

今のポートフォリオだと少しリスク取りすぎかも?「myINDEX」暴落時のマイナスリターンが大きすぎると感じました!

現状をふまえるとリスクは取っても問題ない状況です。ただ、性格的な面で少しリスクが高いと感じるのでリスクは下げます!

「myINDEX」で資産割合を変える&リスクを確認し、できたアセット・アロケーションがこれです!

Plugin by tarovlog.com

今回は「100-年齢=株の割合」を参考に、債券を年齢より少し多めの30%にします。日本債券を追加し、先進国債券割合を上げています。

債券を追加することでリスクを下げることができます!ちなみに新興国債券は守りにするにはリスクが高いので、私は除外しています。

株の日本・先進国の割合は迷っているところではありますが、現状維持にします。理由としては2つです。

・日本に住んでいるので、日本(円投資)多めにしたい
・日本株はあまり伸びなさそうなイメージがある

今後の投資方法としては「先進国株を減らし、日本/先進国債券を増やす」必要があるようです。

アセット・アロケーションを考える時間がない方はマネックス証券のMONEX VISION(資産分析)などのツールを利用してお手軽に決めましょう

\\ 本気の資産形成なら //

アセット・アロケーションの決め方について紹介しました!

過去データをもとにではありますが、暴落時のリスクを確認したことで安心して投資を続けられると感じました。

また、アセット・アロケーションを決めるまではどう投資したらよいか、その時々で迷子になりがちだったと思います。今回決めたことで、今後はぶれなく積立投資を続けていけます

それなりに時間はかかりましたが、考える価値があるものでした!

今後はこのアセット・アロケーションに従って投資していきます!自分の投資の芯になる重要な部分が決まったように感じます♪

ポチッと応援してね♪
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
.

タイトルとURLをコピーしました